緑黄色野菜は淡色野菜となにが違うのか

緑黄色野菜は淡色野菜となにが違うのか

なぜ、緑黄色野菜がいいのか、食べた方がいいのか、淡色野菜となにが違うのか説明します。まず、色が違うだけの問題ではないようです。

 

厚生労働省の定めた「日本人の食事に摂取基準」においては1日350g以上の野菜を健康の為に食べないといけません。とあります。さらにそのうち120gを緑黄色野菜で摂取するようにと言われています。gにすると結構な量を食べなければなりません。

 

では、何を基準にその2つが分かれてるかというと、カロテンの含有量です。カロテンとは老化、生活習慣病の原因になる活性酸素を防ぐ働きがあります。それが600μg以上のものが緑黄色野菜に分類されるそうです。トマトやピーマンなどの含有量は基準値以下でも緑黄色野菜に分類されます。一般的に色の濃い野菜を緑黄色野菜と呼ばれるようになりましたが、分類の基準はあくまでも栄養価でわけられたものです。
なすやキュウリなど、一見色が濃い野菜に見えても実は淡色野菜になります。不思議なものですね。また同じ野菜でも部分的に分けられる野菜もあります。例えば、白ネギや、大根など白い実の部分とと葉の部分では分かれます。

 

緑黄色野菜が食べるのに、栄養素が多い、濃いというイメージは確かに間違いではありません。ですが、淡色野菜の栄養が全然ないというわけではありません。淡色野菜は含有量こそ少ないのですが、最近では価値が見直されてきています。ビタミンCや硫化アリル、食物繊維など、健康に役立つ栄養素も含まれているのでバランスよくとるのがよいとされています。

 

とはいえ、実際の食生活の中で、そこまで注意深く気にしてる人は少ないと思います。含有量など事細かく調べて食べようとはしませんからね。

 

そこで、手軽で栄養が取れるスムージーが流行りました。今では専門店が出来るほどです。ジュース感覚で手軽に取れるなら一度にたくさんの野菜を食べるより効率がいいですが、飲んだことによって摂取したつもりになっていても思った以上に含有量的に少なかったりするのでやはり出来るだけ食べるようにしましょう。